プロジェクトを、始める | さがす | 相談する   新規会員登録 | ログイン | Next Phaseとは?            
トップページ > 米屋5代目長左衛門さんのプロジェクト詳細

甘酒作りで故郷と農産業を活性化したい

失われつつある自然を守り未来の子ども達へ伝統を伝えたい。
「水郷佐原の耕作放棄地で米農業を蘇らせ故郷の活性化を図る」



千葉県香取市利根川沿いにて130年続く米農家の5代目です。
昨今、米作りをする人口の減る中、先祖代々の米農業を未来に継承するために本プロジェクトを発案致しました。




現代の食生活習慣の変化により米の消費量が減少している中で、耕作放棄地の増加が問題となっています。
耕作をしなくなった農地は荒れ果て、若いては農地が減り作り手も減るという悪循環に陥ります。
これは、農地を失うこととも言え、将来の故郷の姿、伝統は益々失われてゆく一方となります。

何としても状況を打開したいと考え、これまでの食用米のための米作りを発展させ、時代のニーズに合わせた製品を開発することにより、
再び家庭の食卓で米とのつながりを取り戻そうと考え、その皮切りとして、甘酒作りに取り組む事としました。




甘酒は気軽に飲料として摂取でき、製造工程で発酵をさせるため栄養価が高くなります。
又生産者にとりましても、加工品にすることによる付加価値が生まれるため採算性が改善されます。
このため、生産量の少ない耕作放棄された土地や小さい土地でも事業として賄うことが出来ます。
よって、米農業の活性化に繋がり、故郷の農地を未来へ継承することに繋がると考えております。


耕作放棄地(BEFORE)
(AFTER)


将来的には、甘酒を醤油等の調味料のようにどこの家庭、食卓に並ぶ物として定着させたいと考えております。
継続可能な農業・事業を作り次の世代へつなげることで、故郷を守りたいという気持ちで発起させていただきました。




ご支援を頂きました方へ、リターンと合わせてもれなく「サンクスレター」をお送りさせて頂きます。


米屋5代目長左衛門 (千葉県)
5代目長左衛門です。千葉県で130年続く米農業を継いでいます


目標金額:1,000,000円
達成金額:1,011,000円(現在)
101% 

残り募集期間
このプロジェクトの支援募集は締切られました。
終了日:2018/08/31
現在、このプロジェクトへの支援は受付けておりません。

 

プロジェクト一覧   運営元・会社情報   利用規約   ログイン   新規会員登録   ご利用ガイド  

2019 (C) Next Phase All rights reserved.