プロジェクトを、始める | さがす | 相談する   新規会員登録 | ログイン | Next Phaseとは?            
トップページ > 勝手に応援団!さんのプロジェクト詳細

アフガニスタン人道支援を応援しよう!

約40年もの間、紛争状態にあるアフガニスタンでは、総人口3450万人の39%が貧困ライン以下で生活をしており、1000万人が医療や教育といった基礎サービスへのアクセスがないもしくは極めて限られている中で暮らしています。

2017年に入ってからは、紛争によってアフガニスタン国内では36万人が家を追われており、国連の予測では2018年の間にさらに45万人の国内避難民が発生するとみられています1。さらに、2016年からは、主に隣国のパキスタンに長年逃れていたアフガン難民がアフガニスタンに避難のために帰還しています。彼らには、元々パキスタンなどで難民登録ができていないために支援が行き届きにくくなっている非登録帰還民もいます。

また、隣国のイランからも多くの帰還民が流入しており、2017年に入ってから10月まで間に、39.4.万人が帰還。2018年に入ってからもパキスタン・イラン両国からの帰還民は続くとみられ、国連の予測では、パキスタンからは100万人、イランからは400万人が帰還するとみられています2。さらに、2017年7月から9月の間だけでも毎日80件を超える武力衝突が記録されており、紛争の再燃はアフガニスタンの人々に甚大な影響を及ぼし、人道ニーズを増大させ続けています。これにより、一般市民が軍事攻撃の標的にされるだけでなく、地雷や爆撃といった無差別攻撃にもさらされています。

こうした状況下では、助成や子どもにしわ寄せがいきやすく、児童労働・児童婚などの危機にもさらされています。



ジャパン・プラットフォームでは2017年2月からは、特に帰還してくる難民に焦点を当て、NFI、食糧安全保障、水・衛生、保護の4分野で8事業(予定)を実施してきました。2018年4月からは「アフガニスタン人道危機対応支援」プログラムを立ち上げ、脅威に直面する人々の緊急ニーズを見極め、支援を続けています。

こうした活動を我々「勝手に応援団!」は賛同するとともに、小さなことからひとつづつ始めていこうと考えました。

ジャパン・プラットフォームが手掛けている活動に対し、個別フォーカスをあてて、ネクストフェーズでの支援活動として支持していきます。

皆さんの小さな支援の力を大きなつながりに広げて、積極的な応援(支援)活動にしていきたいと思います。


勝手に応援団では、国際協力NGOジャパン・プラットフォームさん
(日本・海外で緊急人道支援・援助を行う非営利活動団体 認定NPO法人)
の活動に賛同し、支援の応援をしていきたいと考えます。
どうかこの応援にご支援とご協力をお願いします。

(※このプロジェクトは寄付型につきリターンはありません。)


勝手に応援団! (東京都)


目標金額:500,000円
達成金額:0円(現在)
0% 

残り募集期間
このプロジェクトの支援募集は締切られました。
終了日:2018/09/14
現在、このプロジェクトへの支援は受付けておりません。

 

プロジェクト一覧   運営元・会社情報   利用規約   ログイン   新規会員登録   ご利用ガイド  

2019 (C) Next Phase All rights reserved.